自分好みの素敵な玄関ドアにしませんか?

自分好みの素敵な玄関ドアにしませんか?
リノベ事例
日本と海外でドアの開き方に違いがあるのはご存じですか?
玄関扉一つをとっても、国によって文化的な違いが出てきます。
今では日本でも引き戸より開き戸が一般的ですが、元来開き戸を使ってきた欧米が内開きなのに対して日本では外開き。

諸説ありますが、海外で内開きドアが多いのは、防犯対策の為だと言われています。
なぜなら、不審者が中に入ってこようとしたとき、内開きのドアなら全体重をかけてドアを閉め、侵入を防ぐことができるから。

では、日本はなぜ外開きなのでしょうか?
もっとも大きな理由は、日本では玄関で靴を脱ぐ習慣があるからです。
内開きのドアだと脱いだ靴が邪魔をして開閉がとても不便ですよね。
狭い玄関では出入りが難しくなってしまいます。

そこで、限られた玄関のスペースを最大限に利用する考えから外開きのドアになったのです。
昔から安心・安全に暮らすことができていた日本だからこそ、外開きの玄関ドアが一般的になってきました。
ドアの開き方ひとつにも、それぞれ深い理由がありますね。


そんな玄関ドアについて、今回はご紹介いたします。

私たちのショールームでは、引き戸を採用しました。
先ほどお伝えしたように、現代は西洋建築が主流のため引き戸の玄関はあまり見かけなくなりました。
しかし、最近は引き戸の魅力が見直され新しい住宅にも取り入れられるようになってきています。

ショールームの玄関ドアは、天然の無垢材が持つ風合いを活かしたデザインです。
引き戸と聞くと、和風の住宅を思い浮かべてしまいますが、近年はデザインも多彩になりました。
和風、洋風それぞれにマッチするデザインがあり、建築を彩ります。
天然の無垢材を使用した木製引き戸は、エントランスに高級感とオリジナリティが生まれます。

素材・塗装・デザイン・ハンドルなど自分らしいものを選び、こだわることで個性を演出できます。
家全体の印象を大きく変えることができるリノベーション。
自分好みの素敵な玄関ドアにしませんか?
WORKS MORE
EVENT MORE